トップ >  種類

ICカード

ICカードとは、integrated cercuit cardの略で、
記憶媒体であるIC(集積回路)チップを組み込んだ
カードのことです。

まず、ICの意味ですが、
正式には「integrated cercuit」と言い、
日本語では集積回路という意味で使われています。

この記憶媒体であるIC(集積回路)チップを埋め込んだものを、
ICカードと呼びます。

ICカードの役割

このICチップが組み込まれたICカードの役割は、
まず「大容量のデータを保持できること」があげられます。

ICの記憶媒体としての機能は、
従来の磁気ストライプの100倍以上で、
データの書き換えも行えます。

そして、セキュリティ面が大幅に向上され、
データの盗み読みがされ難くなったことや、
偽造が困難となったことも、大きな役割として見逃せません。

このような機能面、セキュリティ面を向上させてくれるICにより、
クレジットカードのICカード化も着々と進んでいます。

最近までは、カード自体の製造コストや、
読み取る側の読み取り装置のコストも高かったため、
普及に遅れが出ていましたが、技術の進歩のために
コストダウンに成功し、急激に普及し始めています。

そのICカードの普及の成果は、電子マネーのEdy(エディ)、
Suica(スイカ)や高速道路のETCなどにも、
着実に表れてきています。

なお、ICカードの種類には、以下のようなものがあります。
・接触型ICカード
・非接触型ICカード
・ハイブリッドカード(接触型と非接触型の2つのICチップを搭載)
・デュアルインターフェイスカード(接触型と非接触型の2つの機能を搭載)

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク