トップ >  支払い方法

アドオン方式

アドオン方式とは、
分割払いにおける利息計算方式のひとつです。

最初に『元金』と『アドオン金利』と『支払い回数』によって、
利息の総額が決まる計算方式で、
アドオン方式を用いて、利息を計算すると、
毎月の返済額や利息の金額が
簡単に計算できるというメリットがあります。

一方で、最初に利息の総額が決まり、
返済回数で割って計算するということは、
毎月の支払いを経て、元金が減っていくとしても、
利息は1回目の支払いから最後の支払いまで
変わらない(減っていかない)ということを意味します。

しかも、表記上の表面金利だと利率が低い数字になり、
実際に支払う「実質金利」とは大きく異なった数字となるため、
消費者がそれに気がつきにくく、
思った以上の利息を払うことにつながります。

現在では、割賦販売法が改正されたことにより、
アドオン金利による表示が認められていません。

クレジットカード会社のホームページで私達が目にする金利は、
「実質年利」で表示されています。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク