トップ >  種類

アクセスカード

アクセスカードとは、クレジットカードに
キャッシュカードとしての機能が備わっているカードのことです。

つまり、クレジットカードを利用して、
銀行のATMなどから、自分の預金口座にアクセスして、
現金を引き出すことができるということです。

わたしたちに身近なのは、
銀行のキャッシュカードを作成すると、
同時にクレジット機能も付いてくるというケースだと思います。

銀行のキャッシュカードにクレジット機能を付けることによって、
年会費がかかる場合もありますが、
ATMの時間外手数料などが無料になるといった、
メリットも付帯されてきます。

また、似たようなケースでは、
キャッシュカードにキャッシング機能が付いている場合です。

これは、キャッシュカードをATMに入れる方向により、
「預金口座からの現金引き出し」と「キャッシング」を
使い分けることができるというものです。

口座から現金を引き出す感覚で、
簡単にキャッシングができるのがメリットですが、
現金を引き出すつもりが、お金を借りてしまった。
という間違いも引き起こしやすいです。

ちなみに、アクセスカードは、
単に「キャッシュカード」の意味で使われることもあります。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク