トップ >  種類

ハウスカード

ハウスカードというのは、例えば、
A店というお店が独自に発行しているクレジットカードのことで、
そのA店の系列の中でしか利用することができない
クレジットカードのことを言います。

「ハウス」というのは、家という意味が主ですが、
ほかにも「特定の会社の」という意味もあり、
ハウスカードは、特定の会社で使えるクレジットカードという
解釈が正しそうですね。

最近では、ハウスカードと言っても、
ビザカードやマスタカードと提携して、
国内にとどまらず、世界中で使えるようにしている
ハウスカードが増えてきました。

それらのハウスカードのことを、汎用ハウスカードと言い、
クレジットカードが普及して、
使いやすさが当たり前になったことから、
そのように発展していったと思われます。

また、ハウスカードを個人のメインカードとして
使ってもらえれば、リピーターとなってくれる可能性も高まる
というメリットがあります。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク