トップ >  種類

バンククレジットカード

バンククレジットカードとは、銀行が発行している
クレジットカードのことです。

銀行が発行していると言っても、
従来のハウスカードのように、同じ系列店でしか
利用できないということではなく、
国際ブランドのVISAやマスターカードと提携して、
日本国内に限らず、世界中で利用できるようになっています。

バンクカードは基本的に、銀行のキャッシュカードと、
1枚セットになっていることが多く、
バンクカードを持っていれば、
キャッシュカードとしてもクレジットカードしても
利用することができます。

さらには、カードキャッシングも
セットになっていることが多いです。

また、最近では電子マネーとクレジットカードの
一体型のタイプも登場しており、
バンクカードもどんどんと多機能化していっています。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク