トップ >  ルール・規則

百貨店への総合割賦の自粛

百貨店への総合割賦の自粛とは、
デパートや百貨店がクレジットカードの分割払いで、
商品を販売することを規制する通産大臣による
通達のことです。

この総合割賦を自粛するようにという内容の通達は、
1959に通産大臣による出され、
デパートや信販会社に大きな影響を与えましたが、
1992年に廃止されています。

通達の内容によれば、
百貨店は1,000円未満の商品を分割払いで
販売することが禁止され、
また、デパートが新たに割賦販売で
商品を売ろうとする際には、
通産局長の許可が必要というものでした。

この通達があった影響で、
現在は一般に発行されているリボルビング払いカード、
略してリボ払いは発行が認められずにいましたし、
信販会社は売り上げに大きなダメージを受けたようです。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク