トップ >  難しい専門用語

プラスチックマネー

プラスチックマネーとは、クレジットカードや
キャッシュカードのことを現金と同じように利用できる
という意味を暗に込めて使われている言葉です。

クレジットカードやキャッシュカードというのは、
プラスチック製であり、その記憶媒体に、
それぞれの情報が記録されています。

クレジットカードは利用限度額内であれば、
現金のようにお買い物ができますし、
キャッシュカードもデビットカードの登場により、
これも、預金残高内であれば、
普通のお金のように使うことができます。

最近では、ICカードの発達により、
電子マネーが本格的に普及していきましたから、
まさに、プラスチックマネーという表現が
適切になってきたような感じすらします。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク