トップ >  難しい専門用語

移管

移管とは、債権を管理する場所を移すこと、
管轄を変えることを意味します。

移管が行われるケースというのは、例えば、
利用者の支払いが期限を遅れるなどしている場合です。

専門用語では、これを通常債権から延滞債権に変わる。
といいます。

利用者が支払いをしてくれない場合は、
最初は簡単な督促をして、
なるべくはやく支払ってもらえるように促します。

クレジットカード会社としては、この時点で回収できれば、
何も問題はないわけです。

ですが、督促をしても回収できない債権に携わっていると、
通常の業務に差し支えますから、
回収専門の部署に業務が移されることになります。

この行為を「移管」と呼び、
移動された債権は「移管債権」と呼ばれます。

また、利用者側に支払い意思が確認できなくなった場合、
例えば、自己破産が行われるケースは、
同じく専門の部署に債権が移管されることになります。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク