トップ >  加盟店関連

インターチェンジ・フィー

インターチェンジ・フィーとは、クレジットカードの
加盟店(商売店等)が、クレジットカード発行会社に対して
支払う売上交換手数料のことです。

クレジットカード発行会社は、クレジットカードの年会費を
中心として、利益をあげているのではなく、
私たち消費者が加盟店で”クレジットカードを使って”
商品を購入した場合に、加盟店側から、
インターチェンジフィーとして、数%の手数料を利益としています。

ですから、クレジットカード発行会社としては、
加盟店である商売店の数をできるだけ増やすことが、
収益の向上につながります。

また、加盟店側はクレジットカードという決済手段を
増やすことにより、決済手段が原因による消費者の
機会損失をできるだけ少なくする代わりに、
利益の数%をクレジットカード発行会社に支払うこととなります。

加盟店としては、できるだけ現金で支払って欲しいというのが、
本音のようです。

加盟店にとって「インターチェンジ・フィー」は、
できるだけ安い方が良いのですが、
クレジットカード発行会社にとっては、インターチェンジ・フィーを、
1%でも低く設定するだけで、相当な利益が
なくなってしまうことから、両者の間で、
折り合いをつけるのは難しいようです。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク