トップ >  不正利用・違法業者

カード犯罪

カード犯罪とは、他人のクレジットカードを盗んで、
無断で使用したり、カードそのものを偽造・変造したりして、
使用することを言います。

カード犯罪に良く使われる手口としては、

・他人のカードを盗む
・拾ったものを勝手に使用する
・偽造・変造して、正規に発行されていなものを作る
・返済する意思がないのに、多額の商品を購入したり、
サービスを利用する。

この中でも、偽造カードの被害が多発しました。

偽造カードは、他人のデータ部分をコピーして作られるので、
本人は盗難も紛失もしていないのに、第三者から、
自分のクレジットカードを使われてしまう状態になります。

ほとんどのクレジットカード会社では、
第三者の不正使用に対しては、補償制度を設けていますが、
被害に遭うと精神的・時間的に苦労が伴います。

これらの行為はもちろん犯罪に当たりますので、
自分で行うことも、行為に加担することもやめましょう。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク