トップ >  基礎的な専門用語

契約

契約とは、2人以上の当事者が合意することによって、
成立する法律行為のことです。

契約に関する規定は民法において、
明確に定義されており、消費貸借など13種類において、
定められています。

これらの契約形態のことを、
典型契約、もしくは有名契約と言います。

逆に、これらに該当しないクレジットの立替払いなどは、
非典型契約、もしくは無名契約と言います。

別の言い方によると、
お金を貸し借りする消費貸借のような、
合意のほかに金銭の貸し借りが成立条件に必要な場合は、
「要物契約」などと呼ばれる場合があります。

利息付きの金銭消費貸借契約は、法律的な解釈に基づくと、
片務契約となりますが、実際には有償契約であり、
「有償の片務契約」ということになります。

消費者金融でお金を借りる際に結ばれる
金銭消費貸借契約は、この有償の片務契約という
形態に属します。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク