トップ >  不正利用・違法業者

偽造カードとその対策

偽造カードとは、クレジットカードに埋め込まれている
磁気記録媒体である磁気ストライプに記憶されている
個人情報を盗み読みし、他のカードに移すなどして
作られた偽物のクレジットカードのことを言います。

磁気ストライプ部分をコピーしたり、利用明細書から
データを抜き出したり、または加盟店ぐるみで、
偽造カード作成を行っている場合もあります。

偽造カード対策

偽造カードは本人が自分のクレジットカードを手元にある状態で、
もう1枚の偽造カードが使われることが多いですから、
盗まれたり、無くしたりした場合と異なり、
偽造カードによる不正使用が発覚するまでは、
本人がクレジットカードの利用をストップしません。

気づいた時には、個人的対策は遅い場合が多いのです。

クレジットカード会社は、もちろん偽造カード対策を、
年々、強化してきており、
写真入りで本人確認できるフォトカードや、
磁気ストライプよりもデータの盗み読みが難しい
ICカードの普及を進めています。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク