トップ >  加盟店関連

ギャザリング機能

ギャザリング機能とは、クレジットカード会社が、
加盟店のカード売上げなどの取引データを、
クレジットカード会社のコンピュータに集計することを言います。

そもそも、クレジットカード会社と加盟店は、
私たちカード会員が加盟店で商品を購入したり、
サービスを提供してもらう時の支払いに、
クレジットカードを利用する場合、
CATと呼ばれる専用端末によるオーソリゼーション
という信用確認をオンラインで行っています。

そのため、クレジットカード会社は、
同じ仕組みを利用して、オンラインにて、
ギャザリングを行っています。

以前は、カード加盟店が手作業による、
集計作業を行っていましたが、
オンラインによる「ギャザリング機能」の発展により、
作業が簡単になりました。

ちなみにギャザリングとは、英語で「gathering」と表記し、
「収集」という意味があります。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク