トップ >  難しい専門用語

公正信用報告法(FCRA)

公正信用報告法(FCRA)とは、アメリカにおける
消費者の信用情報を保護する法律のことです。
また、個人信用情報機関の在り方を
規定する法律でもあります。

「公正信用報告法」の主な働きは、
消費者保護の観点で個人信用情報を
取り扱うという側面と、
クレジットビューローを正常に機能させるという
側面を持っています。

※クレジットビューローとは、クレジット会社などが、
お互いの顧客情報などを共有することで、
ひとりの顧客に何社もが融資するような過剰融資を防止し、
適正な審査を行うために設立された
「個人信用情報機関」のことです。

例えば、ある消費者が自己破産した情報は、
クレジットビューローによって、共有されるのですが、
それが、いつまでも続くことのないように、
ネガティブな情報は7年、破産宣告は10年経つと、
その情報が償却されるようになっています。

また、個人情報機関に、自分の情報が、
間違って登録されていると思ったら、
異議申し立て、修正依頼を行うことができます。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク