トップ >  種類

コンビネーションカード

コンビネーションカードとは、
接触型ICカードと非接触型のICカードの機能を、
1枚にまとめたICカードのことを言います。

コンビネーションカードのことを、
ハイブリットカード、ハイブリット型ICカードなどとも
言うことがあります。

接触型のICカードは、国際的に物理的な仕様から
コマンド仕様などの論理面までが、
国際標準規格で必要最小限の部分が共通化されています。

非接触型のICカードは、
リーダーとライターの通信距離に応じて、
「密着型」「近接型」「近傍型」「遠隔型」の4種類に
区別されており、さらに細かく種類分けをすると、
近接型は「Type-A」「Type-B」とに分類されることとなります。

また、非接触型のICカードは、
コンタクトレスICカードと呼ばれることがあります。

ちなみに、接触型と非接触型のICチップが、
2枚搭載されているのではなく、
ICチップ1枚に2つの機能を持っていることを、
デュアルインターフェイスと呼びます。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク