トップ >  支払い方法

個品割賦購入斡旋(あっせん)契約

個品割賦購入斡旋(あっせん)契約とは、
私たち消費者が、加盟店から商品を購入する場合に、
信販会社が立替払いをすることで、
割賦購入斡旋(あっせん)契約を、
個々の商品に対して結ぶことです。

個品割賦購入斡旋(あっせん)契約のことを、
純粋に「立替払い」と呼ぶこともありますし、
「ショッピングクレジット」と呼ばれることもあります。

信販会社が、個品割賦購入斡旋(あっせん)契約を
結ぶ場合には、加盟店に支払う商品購入代金を、
立替払いとして、消費者にお金を融資する形となります。

つまり、金銭貸借契約という形になります。

金銭貸借契約を採用することで、
商品の所有権は、私たち消費者にあるということになります。

ちなみに、クレジットカードによるクレジット販売のことを、
「総合割賦購入斡旋(あっせん)契約」と言います。

割賦販売の場合には、
分割払いの支払いがすべて返済し終わるまで、
商品の所有権は、売り主にあることとなります。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク