トップ >  種類

コミュニティカード

コミュニティカードとは、特定の地域に住んでいる住民や
特定の施設を利用している方などを対象として発行されている
いわゆる地域密着型のクレジットカードのことです。

コミュニティカードの代表的なものと言えば、
商店街で発行されるクレジットカードがあげられると思います。

商店街でそのクレジットカードを利用した場合に、
ポイントが貯まったり、お買い物金額が割引きされたりという
特典が付いているクレジットカードが発行されます。

商店街のコミュニティカードには、
利用者の方にお得なサービスを提供するという意味だけでなく、
商店街側としては、顧客離れを防ぐなどの、
マーケティング的な意味も存在しています。

地域住民みんなで行う地域活性化としての
活動とも言えるでしょう。

最近では、商店街だけにとどまらず、
もっと広い範囲でのコミュニティカードも登場しています。

例えば、○○市のコミュニティカードは、
特定のお店での割り引きや特典などはもちろんのこと、
クレジットカードの売り上げの一部を「市」を発展させるための
資金にしたり、寄付を行ったりという、
やはり市民参加型のコミュニティカードとなっています。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク