トップ >  難しい専門用語

クレジットリスク

クレジットリスクとは、消費者信用の特徴として、
私たちに信用力があるということを見極めて、
後払い決済を認めたり、お金を貸したりするという、
無形の信用が基本ですから、
当然、その信用が裏切られる形となれば、
お金が回収できないケースも出てくるわけです。

回収できない債権のことを、不良債権と言うのですが、
この「不良債権」になってしまうかもしれない危険度のことを、
クレジットリスクと呼びます。

クレジット会社が私たちに対して「信用力がある」と、
与信を与えてくれることを「クレジットワーシー」と言いますが、
与信をする側のクレディターの立場からしてみると、
「クレディビリティ」という私たちの無形の信頼性を基に、
クレジットカードを発行したり、お金を貸し付けてくれている
のですから、利用する側の私たちは、その認められた
「信用力の高さ」を自ら損なわないようにしないといけません。

逆に「クレディビリティ(信頼性)」がなくなってしまうと、
一時的には、クレジットリスクの範囲内として、
クレジット会社の損になるかもしれませんが、
最終的には、今後クレジットが使えなくなるという、
自らが一番損をすることになります。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク