トップ >  支払い方法

クローズドエンドクレジットシステム

クローズドエンドクレジットシステムとは、
商品を購入したり、サービスを利用した際の代金を、
後払いで支払ったり、お金を借り入れしたりする、
「消費者信用」の返済方法の種類のひとつです。

商品を購入した時点、お金を借り入れた時点で、
返済回数や利息を含めた毎月の返済額などの
返済方法が確定することを言います。

クローズドエンドクレジットシステムに該当する、
返済方法というのは、
「元金均等返済」「元利均等返済」が当てはまります。

元金均等返済は、毎月返済する元金は一定ですが、
残っている元金に対して、利息が上乗せされるので、
元金が多く残っている初期の返済額が多くなる返済方法です。

一方、元利均等返済は、元金と利息を足した
毎月の返済額は、金利が変わらない限り一定となりますので、
利息の総支払い額は多くなりますが、
返済計画が立てやすいです。

これらの2つの返済方法は、お金を借り入れた時点で、
これからの返済金額等の方法が確定するということです。

クローズドエンドクレジットシステムを直訳すると、
「閉鎖信用体系」と言い、少し意味が通じづらいですね。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク