トップ >  基礎的な専門用語

ノンバンク

ノンバンクとは、金融業務を行う会社の中でも、
お金の貸付けなどを行う「融資」を業務とする会社のことです。

そもそも、銀行は預金業務も行うことに対して、
ノンバンクは、預金業務を行わず、
融資業務のみを行うのでノンバンクと
言われているということでしょう。

もちろん両者を規制する法律も異なっており、
ノンバンク業界は、貸金業規制法によって、
業界の秩序が保たれています。

ただし、銀行系のファイナンス会社などは、
貸金業者とカテゴライズされ、ノンバンクに入ることもあります。

日本においては、ノンバンクというと、
クレジット会社や消費者金融会社を指し示すのが、
一般的な見方となっています。

そして、そのノンバンク会社が発行するカードのことを、
ノンバンクカードと言います。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク