トップ >  種類

オイルカード

オイルカードとは、石油会社が運営している
ガソリンスタンド等でガソリン、灯油などが割引き価格で
利用できるようになるクレジットカードのことを言います。

オイルカードは、石油カードなどとも言われますが、
一般的には「ガソリンカード」と呼ばれています。

近年のガソリン価格の高騰により、
ガソリン割引きになる「オイルカード」の需要が急速に高まり、
かなり、発行枚数を増やしました。

各石油会社、または関連のクレジット会社も、
会員数が増えるというメリットがありました。

オイルカードでガソリンが安くなる価格というのは、
だいたい、1リットル当たり
2円~5円あたりが相場となっています。

一方で、競争の激化という面もあり、
各社は特徴のあるオイルカードの発行を開始しています。

例えば、オプションでロードサービスが格安で利用できたり、
提携店(スーパー、デパート)でお買い物をする時に、
割引き価格で利用できるなどです。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク