トップ >  種類

お帳場カード

お帳場カードとは、いわゆる老舗(しにせ)と言われる、
古くから営業しているデパートや百貨店で使われている
特別に重要な顧客のみが使えるクレジットカードのことです。

お帳場カードの名前の由来は、「お帳場制」からきています。

「お帳場制」とは、
特別に重要な顧客に対してのみ使われる
信用供与システムのことで、与信限度額は、
他の一般客と比べると、かなり高い金額になっています。

特別に重要な顧客というのは、古くからお店と馴染みがあり、
また、そのお店の販売に多大な影響を与えてきたお客のことで、
いわゆる「超お得意様」と呼んでもよいと思います。

超お得意様である「お帳場客」が来店すると、お店側は、
専任の係員に対応させてお買い物の手伝いをします。

購入した商品は、お帳場カードを使って決済され、
一般的には、お盆、暮の年2回、
または年に1回の引き落としとなります。

基本的には、1回の支払いで残高のすべてを支払う、
一括払いに設定されています。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク