トップ >  種類

三者間カード

三者間カードとは、クレジットカードの発行者(発行会社)と、
店舗である加盟店、カード会員の三者の間で
成り立っているクレジットカードのことで、
通常、私たちが使っているクレジットカードのほとんどが、
この「三者間カード」と呼ばれる構成で成り立っています。

私たちカード会員は、後払い決済を利用するために、
クレジットカード発行会社に対して、
発行のお申し込みをして、それが認められると、
クレジットカードを使う場所である加盟店にて、
後払い決済で商品を購入したりすることができるようになります。

リテイラーズカード

この「三者間カード」の対して二者間の関係である、
リテイラーズカードというものが存在します。

リテイラーズカードは、小売系カード、ハウスカードとも呼ばれ、
スーパーなどが発行しているクレジットカードのことです。

リテイラーズカーは、クレジットカード発行者(発行会社)と、
加盟店が同一であるため、
カード会員との関係は、二者間となります。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク