トップ >  クレジット・信販の仕組み

CDS(クレジットデータ伝送システムサービス)

CDS(クレジットデータ伝送システムサービス)とは、
NTTデータが行っている、
流通企業とクレジットカード会社間のクレジットカード売上データ、
無効カードデータ、有効性チェックデータなどの
授受をオンラインファイル伝送で行っている
クレジットカードの一括伝送サービスのことです。

クレジットカード会社とオンラインで接続されている
デパート・百貨店などの流通系の企業に、
クレジットカードのデータを送信しています。

CDS(クレジットデータ伝送システムサービス)のメリットは、
クレジットカード会社と接続されているCDSと
接続することによって、
国内のほとんど全てのクレジットカード会社へ、
売上などのデータをオンラインで受け渡すことができます。

これにより、流通系企業などがクレジットカードを発行する際に、
悩みの種となっていた、クレジットカードのデータ処理業務が、
簡単になります。

まさに、クレジットカード会社と流通企業とを結び、
大量データの扱いを、スピーディー
かつ簡単に行えるシステムです。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク