トップ >  専門機関・団体・組織

CMDセンター(加盟店総合情報交換制度)

CMDセンター(加盟店総合情報交換制度)とは、
クレジットカード会社同士がお互いの持っている
加盟店情報を交換することによって、
加盟店が不正販売を行うことを、予防したり、
もし、実際に行われている場合は、
早期に発見できるようにする情報交換の制度のことです。

CMDセンター(加盟店総合情報交換制度)は、
社団法人日本クレジット産業協会が中心となって、
東京、福岡、札幌などに設立されました。

これにより、クレジットカード会社の加盟店審査や
加盟店管理を円滑に行っています。

私たちカード会員の個人情報は、
個人信用情報センターに登録されていますが、
加盟店の情報は、このCMDセンターに登録されることにより、
情報が整理されているということになります。

「加盟店総合情報交換制度」の会員になると、
加盟店に関するさまざまな情報を入手することができます。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク