トップ >  難しい専門用語

CRB(無効)

CRBとは、クレジットカードが無効であることを、
通知するサービスのことで、
カード無効通知書などと呼ばれます。

クレジットカード会社は、無効なクレジットカードを利用して、
買い物を続けられないように、
無効なクレジットカード番号のリストを、
加盟店に対して、通知しています。

加盟店側も、で、
商品を購入されたり、サービスを提供することにならないので、
とても重要なサービスとなっています。

このようにクレジットカード会社が、加盟店に対して、
無効なクレジットカード番号を通知することを、
「CRBサービス」と言います。

また、クレジットカード会社が、
その無効なクレジットカードの番号を通知する地域のことを、
「CRB地域」と呼んでいます。

「CRB地域」では、無効なクレジットカード番号の
リスト(CRBリスト)が、有効となります。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク