トップ >  専門機関・団体・組織

CRC(偽造防止委員会)

CRCとは、増加するクレジットカードの不正使用に対して、
クレジットカード業界全体で防止を行っていこうという
目的で設立された
「クレジットカード偽造防止委員会」のことです。

クレジットカードの不正使用問題は、
世界的な問題であり、また、国際ブランドにとっても、
日本のクレジットカード市場は、魅力的なものですので、
クレジットカード偽造防止委員会(CRC)は、
VISAやマスターカードなどによっても支援されています。

クレジットカードのデータ記憶装置である、
磁気ストライプは、偽造されやすく、
クレジットカードの不正利用の原因ともなっています。

そこで、偽造されにくい記憶装置である「ICチップ」が搭載された
クレジットカードへの発行へ、切り替えが始まっています。

ICカードの方が、データの読み取りなど、
クレジットカードの偽造に対して強いだけではなく、
記憶媒体としても、磁気ストライプよりも、
かなり優れた性能を持っています。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク