トップ >  不正利用・違法業者

CRIS(不正検知システム)

CRISとは、クレジットカード業界が
不正使用対策のために開発したシステムで、
クレジットカードが不正に使用されていることを、
自動的に検知するものです。

CRISどのようにして、不正利用を検知しているかというと、
まず、これまでに蓄積されている、
クレジットカードが不正利用された状況をパターン化し、
同じような状況で、クレジットカードの認証データが
送られてきた時に、不正利用の疑いがあることを、
通知してくれます。

「CRIS」で一般的に利用されているシステムというのは、
不正利用のパターンをデータベース化して、
自動的に情報処理をしてくれるエンジンが、
クレジットカードの認証データ(オーソリゼーション)に対して、
スコア化して、不正利用度数のようなものを、
算出するものです。

また、最近では、カード会員の購入価格帯や、
購入地域などを把握して、
普段購入しないような商品を購入しようとしている場合に、
本人に電話確認が入るなどの対策も行われています。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク