トップ >  種類

Jデビット(デビットカード)

Jデビットとは、いわゆる日本版デビットカードシステム
と呼ばれるもので、2000年から日本でも本格的に導入された
銀行などのキャッシュカードでお買い物できる
決済方法のことを言います。

デビットカードは即時決済カードとも呼ばれ、
例えば、○○カメラなどの電気店でお買い物をする場合、
銀行や郵便局などの金融機関のキャッシュカードを、
レジの専用端末に通すことで、そのまま決済できてしまいます。

これまでだったら、お店に行く前に、
ATMを探して、現金を引き出すという流れが一般的でしたが、
Jデビットにより、レジでキャッシュカードを出せば、
即時にあなたの銀行口座から、
利用代金が決済されることになります。

使い方としては、クレジットカードと似ていますが、
クレジットカードは、後払い決済であり、
クレジットカードを利用した代金は、一ヶ月分まとめて、
銀行口座などから、引き落とされることになります。

Jデビット(デビットカード)が普及することによって、
加盟店側は、クレジットカードよりも手数料が安く済む
というメリットがあります。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク