トップ >  種類

JAVAカード・ジャバカード

JAVA(ジャバ)カードとは、
アメリカのサンマイクロシステムズという会社が開発した
プログラム言語であるJAVA(ジャバ)が搭載されている
クレジットカード(ICカード)のことです。

JAVA(ジャバ)カードの機能としては、
クレジットカードとしての決済機能の他に、
ポイントの管理などの複数の機能を、
JAVA言語によって動かすことができます。

JAVA(ジャバ)カードの登場は、1990年代後半であり、
難しく説明すると、プログラムを不揮発性のメモリに
ダウンロードできる仕組みを持って、登場しました。

JAVAカードはクレジットカード内にJava VMという装置を内蔵し、
Javaというプログラム言語によって記述されたプログラムを
実行する事ができます。

一方、JAVAカードと同時期に登場したMULTOSカードは、
MELという専用のアセンブラライクな言語でプログラムが
記述されています。

JAVAの実行環境を含めたJAVAカードなどでは、
暗号化や電子署名の技術を使う場合もあります。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク