トップ >  クレジット・信販の仕組み

総合割賦購入斡旋(あっせん)

総合割賦購入斡旋(あっせん)とは、
信販会社やカード会社が発行している
クレジットカードを利用した割賦購入を
顧客にすすめることを言います。

自社ではなく、信販会社やカード会社の
クレジットカードでの割賦購入をすすめているために、
斡旋(あっせん)ということになります。

その商品を売っているお店が、
割賦カードを発行しており、
その割賦カードにより商品を販売する場合は、
「総合割賦販売」となります。

総合割賦購入斡旋は、
法人のみが行える営業スタイルであり、
管轄の省庁への登録が必要になっています。

最近のカード会社は、クレジットカードの発行だけではなく、
割賦購入斡旋、そしてカードキャッシングなど、
さまざまなクレジットに関するビジネスモデルで、
利益をあげています。

これらの業態のことを「総合クレジット」と呼ぶようになりました。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク