トップ >  種類

スイッチカード

スイッチカードとは、例えば2社が提携して
発行しているクレジットカードのことで、
その2社両方の会員として扱われることが特徴的です。

一般的には、クレジットカードを単独でも発行している
信販会社や銀行と、スーパーやデパートなどの
流通系のお店とが提携してスイッチカードを
発行することがあります。

スイッチカードの会員になると、
その提携している会社の両方の会員となり、
どちらの加盟店でも利用することができるようになります。

ただ、発行してもらう際の審査も、
ふたつの会社のものを通らなくてはならない場合も、
あるようです。

例えば、クレジットカードの正式名称を見てみると、
信販会社の名前に続いて、提携先の会社名が、
カード名に大きく入っているものがあると思いますが、
※例えば「信販 石油カード」のような。
提携先の会社がメインで発行していると思ったら、
実はそれがスイッチカードで、信販会社にも
その石油会社にも属する会員になっていたりします。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク