トップ >  種類

提携カードの種類

提携カードとは、流通系の小売店などが、
お店の決済システムを増やすために、
クレジットカード会社と提携して自社の名前が入った
クレジットカードを発行することを言います。

流通系やサービス系の企業の場合は、
クレジットカードを持つことで、
顧客のリピートや囲い込み、新規顧客の勧誘などの
効果が望めますが、当然、
自社内にクレジットカード発行ノウハウを
持っていないですから、クレジットカード会社や
信販会社といった会社と提携をして、
カード発行をする場合が多いです。

大手のスーパー等は、子会社や、
事業部としてクレジット会社を作る場合もあります。

その際に使われる提携カードの種類としては、
ダブルカード、ツインカード、代行カードなどが代表的です。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク