トップ >  種類

デビットカード

デビットカードとは、小売店などで商品を
購入する場合のレジにて、その場で
自分の銀行口座の預金残高から支払いができる
決済の仕組みのことです。

デビットカードの種類によっては、
買い物した代金が、
即時に口座から引き落とされるのではなく、
2~3日後に引き落とされるものもあります。

これまでやや高額な買い物をするときは、
クレジットカードで支払うか、もしくは、
買う前に銀行に行ってお金をおろしに行くのが
当たり前でしたが、デビットカードの登場により、
わざわざ銀行ATMに行き、時間外手数料まで支払って、
お金を引き出す手間が省けるようになりました。

クレジットカードとどう違うの?
と思われますが、クレジットカードの場合は、
月に1度、まとめて利用分を支払う後払い決済になります。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク