トップ >  加盟店関連

チャージバック

チャージバックとは、クレジットカード会社と、
加盟店との間の関係で使われる言葉で、
加盟店側に不備があったと思われる売り上げを、
カード会社が取り消しにすることです。

クレジットカード会社と加盟店の間には、
さまざまなルールで、クレジットカード決済が
運用されていますあから、
加盟店側がそれを行わなかった場合は、
カード会社としては、当然、売り上げは、
無効としてきます。

たとえば、最近では、
CAT端末により、ほぼ自動的に
オーソリゼーションが行われていますが、
加盟店側が、カードの有効性を確認せずに、
お客様にカードで購入を認めてしまい、
後で、そのクレジットカードが無効であったことが
発覚した場合などは、チャージバックの対象となります。

また、チャージバック期間と言って、
カード会社が加盟店の売り上げを取り消しにできる期間が、
決まっています。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク