トップ >  種類

埋込み式磁気ストライプ

埋込み式磁気ストライプとは、クレジットカードに
埋め込まれた磁気記録媒体のことで、カードの裏面に黒く
細長いテープのようなものを、見つけることができると思います。

クレジットカードのカードリーダーに、
埋込み式磁気ストライプ部分を読み取らせることによって、
本人のクレジットカード情報を確認することができます。

ちなみに、数年前までの貼り付け型磁気ストライプなどには、
暗証番号も読み取ることができてしまいましたが、
暗証番号を盗み読まれて、キャッシングで
お金を引き出されるなどの被害が相次いだため、
現在では暗証番号は読み取れないようになっています。

クレジットカードにしても、銀行のキャッシュカードにしても、
旧型のものを使っている方は、
すぐにでも交換してもらいましょう。

現在では、磁気ストライプからICカードへの切り替えが、
急速に行われています。

ICカードのメリットとしては、
記憶媒体として、磁気ストライプの100倍以上の
情報量を持つことができ、また、データを盗み読む、
カードを偽造するといったことが難しくなり、
セキュリティ面が大幅に向上しています。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク