トップ >  種類

郵貯共有カード

郵貯共有カードとは、郵便局で使えるキャッシュカードである
郵貯カードとクレジット機能が一体型になったカードのことです。

郵貯カードは、通常、郵便局のATM等で利用できる
キャッシュカードとしての機能しかありませんが、
クレジットカード会社や信販会社と提携することによって、
郵貯カードにクレジット決済機能を追加した、
郵貯共有カードを発行しています。

郵貯共有カードは、それこそ、
さまざまなクレジットカード会社と提携して、
発行されており、○○郵貯カードという名前が付いています。
郵貯ジョイントカード一覧

よく見ると、クレジットカード会社や信販会社だけではなく、
ファイナンス会社やお店との提携も進んでいるようで、
本当に種類が豊富になっていますので、
1枚に選ぶのも、かなり難しそうです。

また、最近では、郵貯共有カードに、
デビット機能も備わった多機能カードも登場しているようです。

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍・お得なポイント制度
・年会費無料

[ クレジットカード用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

スポンサードリンク